自然環境への取り組み
森林テクニクスでは、自然環境への負荷を減らし 自然とひととの共生を模索しています。 治山事業・林道事業における 様々な取り組みを紹介します。
イトウの生態に配慮した
治山ダム

イトウの生息地における災害復旧において、イトウの遡上や降下、産卵の習性に配慮した構造物を設計しました。その後の調査で、イトウの生息地が復元していることが確認されています。

北海道南富良野町 空知川水系

魚が遡上できる
段差のない治山施設

イワナやヤマメの生息する渓流において、渓岸の崩壊地を復旧するとともに渓床を安定させ、水生生物の往来を可能とする構造物を設計しました。

宮城県 栗駒山 岩魚沢

植生を活かした
斜面の安定化工法

亀裂の生じた山腹斜面を安定化させる設計では、植物の力(根系の緊縛力)を活用した工法を検討します。自然環境も維持しながら、構造物の威圧感を感じさせない景観にも配慮した設計を心掛けています。

宮城県 栗駒山

木材の積極的利用

景観や質感に配慮して、耐久性を高めた木材の利用も設計に取り入れています。木材は軽量で現場でも加工がしやすいため、大きな工作機械を必要とせずに施工できるメリットがあります。施工のための仮設道路が必要なくなれば、さらに自然環境への負荷を減らす設計となります。

木製の橋梁(秋田県 丸舞登山道)

環境にマッチした片桟橋(長野県 軽井沢町)

R2事業実績事例集

事業実績事例集を
ダウンロードいただけます。

Downloadページへ